投資家になるには~キャッシュフロー・クワドランド

Pocket

キャッシュフロー・クワドランドでいうとInvestor、

つまり投資家が一番魅力的です。

でも、普通はなることができません。

本当にキャッシュフロー・クワドランドでいう投資家にはなれないのか、調べて行きます。

 

4つの職業

キャッシュフロー・クワドランドという言葉を聞いたことがありますか?

知っている人は多いと思います。

ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんで有名になりました。

キャッシュフローとは、お金の流れの意味で、クワドランドは、円を4等分したもので、4分円のことです。

その4分円を
E:Employee(従業員)
S:Serlf Employee(自営業者)
B:Business Owner(ビジネスオーナー)
I:Investor(投資家)
に分けた図で良く表します。

図で言うと、左側のEとSの職業は、自分の労働力で稼ぐ。

右側のBとI職業は、自分の労働力以外で稼ぐ。

さらに、BとIは、他力であることに加え、経済的自由と時間的自由を得ることができる。

そして、Bは、人との関わり合いが重要な因子となるが、Iは、誰とも関わらなくても、つまり、人との交流する時間も不要。

もし、どれにでもなれるとしたら、どの職業が良いですか?

私ならIの投資家です^^

ロバキヨさんも投資家になろう!
と言っていますしね。

でも、投資家って、働かせるお金がないとダメですよね。

だから、ほんの一握りの人しかなれません。

しかし、絶対になれないかというとそういうわけではありません。

時間が掛かりますが、なれる可能性はあります。

じゃ、どうすればなれるのか?

ゼロから始めて、どの程度まで行けるのか・・・

知りたいですよね。

これから、実際のチャレンジも含め投資家になるために必要なことを書いていきたいと思います。

基礎となるマインドは、これまでに、いろいろ他のブログで書いてきましたが、基本的に同じです。

ですが、投資家としてのマインドセットというものがあります。

少しずつご紹介していきます。

 

自分の負けを素直に認める

手始めに^^

自分の負けを素直に認めることです。

もし、他人と比べて、自分の方が収入が少なければ、投資家としては負けです。

でも、多くの人は、お金が全てではないと言います。

あの人みたいに性格は悪くないとか、自分の方が人気があるとか、何かの理由をつけ自分を慰めようとします。

日本では、お金を儲けること自体に悪いイメージを教えられています。

人をだましたり、被害を与えたりして、お金を稼ぐ人がいるからですよね。

それ自体が悪いのではなく、それだけでは無いよ、と言うことなんですがね^^

投資そのものにおいては、自分のことなので、他人への害はありません。

MLMで投資案件を紹介し、それによって利益を得るのは、投資そのものではないですしね。

でも、それで騙されたとなると、投資や、お金儲けが悪い、というイメージがつくんですよね・・・

話しがそれましたが、投資にもいろいろあって、最終的に社会貢献につながるものもあります。

最初からそうではなく、目的がそうであっても、あくまでも結果としてです。

スタート時点では、負け組です。

それをしっかりと受け止め、これから何をするべきか、一つ一つ修正していけば良いだけです。

今、資金がない、それどころか借金がある。

これは、投資家としては、負けているということ。

これをしっかりと頭の中において、自分の立ち位置を認めるこのことからスタートとなります。

これが、投資家としての一歩です。